【小説】木曜日の子ども 重松清

7年前、旭ヶ丘の中学校で起きた、クラスメイト9人の無差別毒殺事件。結婚を機にその地に越してきた私は、妻の連れ子である14歳の晴彦との距離をつかみかねていた。前の学校でひどいいじめに遭っていた晴彦は、毒殺事件の犯人・上田祐太郎と面影が似ているらしい。この夏、上田は社会に復帰し、ひそかに噂が流れる―世界の終わりを見せるために、ウエダサマが降臨した。やがて旭ヶ丘に相次ぐ、不審者情報、飼い犬の変死、学校への脅迫状。一方、晴彦は「友だちができたんだ」と笑う。信じたい。けれど、確かめるのが怖い。そして再び、「事件」は起きた…。

ネタバレ注意!

重松清が挑んだ本格サスペンス!

本日紹介するのは、重松清の木曜日の子どもです。

重松清といえば、エイジや青い鳥、流星ワゴンのように、思春期の子どもたちの心の揺れや、家族の絆といった心が温まるような作風を得意とする作家ですが、本作はそんな中でかなりの異色の本格サスペンスとなっています

序盤は、再婚したばかりの妻と、その連れ子であり、前の中学で酷いイジメを受けて転校した中学生など、重松清のお決まりの登場人物と展開ですが、本作は家族の絆ではなく、ジワジワと追い詰められていくような緊迫感と、血の繋がりがない息子の為に、自分を犠牲に出来るかといった部分にスポットライトが当たっています。

中盤までは、重松清のお得意の人物描写の丁寧さが光り、次に何が起こるのか、ハラハラして読み進めました。

しかし、終盤の展開にはパワーダウン感が否めず、物語の伏線をすべてぶん投げて無理やり終わらせた、雑さを強く感じました。

過去に陰惨な事件が起きたニュータウンが舞台

本作の舞台となるのは、重松清、定番(笑)の旭ヶ丘というニュータウンです。一見すると清潔で平和な街ですが、過去にクラスメイト9人が毒殺されるという陰惨な過去がある、いわくつきの街です。

主人公は自分が結婚することなど夢にも思わなかったという、40代のごく普通の会社員であり、前の夫の暴力から逃れて主人公と再婚した、妻である香奈恵と、前の学校で酷いイジメを受けた中学二年生の晴彦と共に、格安の値段で一戸建ての家を購入して、この土地へとやってきました。

この街では7年前に、上田祐太郎という中学生が、給食のスープに猛毒のワルキューレを混入して、クラスメイトを無差別殺人したという日本中を騒がせた大事件が起きた街でした。

そのような事件を二度と起こさないために、事件が起きた学校はもちろん、街全体で団結した取り組みによって、現在はイジメなどの問題も起きない、理想的な環境となっていますが、主人公は街の雰囲気を、いささか”潔癖すぎる”という印象も抱いていました。

本作はいつもの重松作品のような温かさは殆どなく、このニュータウンの描写もどこか不気味であり、主人公の住んでいる家が、実は7年前の事件で殺された生徒の家族の家であるなど、サスペンスものとしての掴みとしては中々、上等であるとの印象を持ちました。

次々に起きる異常な事件

本作の主人公は、ごく普通のサラリーマンであり、血の繋がりのない息子との関係構築に悩む、中年男性です。

主人公の晴彦は、大人しいいい子であるが、主人公に対しては他人行儀の構えであり、主人公も晴彦”くん”と呼ぶなど、中々距離を近づけることが出来ません。

物語は晴彦が、7年前に事件を起こした上田祐太郎にソックリであると勘違いされることから動いていきます。

本作の登場人物の描写は、重松清らしく非常に丁寧であり、特に主人公と晴彦の関係性などは、心理描写も含めて大変緻密なものでした。

週刊漫画雑誌の中に、最近少年院から出所した上田祐太郎と思われる人間のメッセージ用紙が挟まれている、不審な人物の目撃情報、飼い犬が猛毒によって殺害されるといった事件が、主人公が引っ越してきてから次々に起きるなど、次第に主人公の周りに不穏な雰囲気が漂い始めます。

物語は明るい隣人が突然、急死したことから急激に動いていきます。隣人の娘である摩耶の口から、彼女が父を殺したこと、優しそうな父の裏の顔、そしてウエダサマと呼ばれる、子どもたちにとっての救世主の存在が語られます。

この中盤の辺りの緊迫感は相当なものであり、次に何が起こるのかとハラハラさせられ、摩耶とのやり取りの辺りなどはページをめくる手が止められませんでした。

伏線回収をぶん投げた雑なラスト

しかし、作品のピークは中盤までであり、後半からの展開はかなり雑なものと言わねばなりません。

まず主犯であるウエダサマこと、上田祐太郎の犯行動機については、「理由を付けたがること自体が大人の勝手、最初からそんなものは存在しない」という、サスペンスとしてはかなり強引な、ハッキリ言って「いやそれを言ったらおしまいでしょうが(笑)」としか言いようがないものです。

こういう雑さは終盤になればなるほど目立っていき、上田祐太郎とその共犯者はなぜ晴彦や摩耶のことを知っているのか、なぜ彼らに殺害を唆したのか、といった理由が全て「世界の終わりを見たかったから」などという、中二病全開の言葉をひたすら繰り返すだけという、残念なものです。

こういう尤もらしいような言葉で煙に巻くというのはサスペンスとしては非常に興ざめするものであり、ある意味、言葉の表現に気を遣う重松清の持ち味が裏目に出てしまったな、というのが読み終わっての率直な感想でした。

総評

中盤までの展開は著者特有の丁寧な描写が光り、重松清の本格的なサスペンスが読めるとワクワクしたのですが、残念ながら終盤では、いささかの失望という結果に終わりました。

物語の決着が雑であったのは、やはり重松清がサスペンスものを書いた経験に乏しいことが最大の要因であったと思います。

中盤までの丁寧さは本当に素晴らしかったので、もしまたサスペンスものを書くとするならば、是非、伏線の回収の仕方を改善してほしいですね。

最新情報をチェックしよう!