【小説】家族を救おうとした殺人者…:青の炎 貴志祐介

秀一は湘南の高校に通う17歳。女手一つで家計を担う母と素直で明るい妹の三人暮らし。その平和な生活を乱す闖入者がいた。警察も法律も及ばず話し合いも成立しない相手を秀一は自ら殺害することを決意する。

※ネタバレ注意

母と妹を守るため、17歳の高校生は殺人を決意する…

本日紹介するのは、貴志祐介の傑作サスペンス小説、青の炎です。本作は1999年に出版され、2003年には二宮和也主演で映画化もされています。貴志祐介はホラー作家として印象が強いのですが、今作は純粋なサスペンス作品となっています。

家族を守る為、完全犯罪に挑もうとする高校生が、次々に問題にぶつかり足掻く姿が描かれており、後半は主人公に感情移入してハラハラドキドキしっぱなしでした。

本作のあらすじは、主人公である17歳の櫛森秀一は、母の友子、妹の遥香の3人で平和に暮らす高校生です。秀一はこの平和な生活を永遠に続くことを望んでいますが、その平和な家庭には、ある一人の男によって暗い影が差しています…

友子の元夫であり、主人公とは血縁関係のない曾根という男が、彼の家庭内には居座っていたのです。

主人公はロクに働かないこの男のことを憎悪しており、弁護士に相談したり、時には母親に曾根を追い出すよう叱咤したりして、何とか追い出そうと画策します。

ある日、弁護士と曾根と友子の会話を盗聴して、実は曾根と遥香が実の親子であるという衝撃的な事実を知ってしまいます。母がそのことに負い目を感じていて、曾根に対して強気に出れないのだと知った秀一は、母と妹を守る為、曾根をこの世から抹殺することを計画します…

サスペンスの部分を取り除けば、まるでギャルゲのような世界

本作の主人公である櫛森秀一は一言で言えば、ギャルゲの主人公のような人物です(笑)。

優しい母と、兄を慕う可愛い妹がおり、学校では多くの良い友人がいて、友達以上恋人未満の可愛いガールフレンドがいる。しかも学校の成績は優秀であり、単なる優等生なのかと思えば、軽い飲酒程度の悪い遊びもできるという絵に描いたようなリア充(既に死語?)です。

そして何といってもギャルゲっぽいのが、彼は言葉を巧みに使って他者をコントロールすることに長けているんです。もちろん彼自身は家族思いの善良な性格であるため、この力を使って私利私欲を満たすということはありませんが。

ヒロインであり、主人公のガールフレンドである福原 紀子もまた、元々中学生時代には、もっと突っ張った性格の、茶髪で派手な化粧の不良少女でした。

しかし、秀一はそれは偽りの姿であり、本当は「福原は、本当は、女らしい優しい子なんじゃないか?」といった言葉を与え続けた結果、表面上は顔を真っ赤にして否定しつつも、内心では秀一に心惹かれていくという、まさにテンプレのようなツンデレヒロインです(笑)。

彼女は結局、中学卒業を同時に家庭の事情で引っ越すことになるのですが、再び主人公の住む町へと引っ越してきます。主人公と同じ学校に通いたくて、猛勉強して編入試験に合格して、やってきた姿を見て秀一は、その姿の変貌ぶりに驚愕します。不良少女の頃とは似ても似つかない美少女になっていたのです。

こういう他者の望む言葉を与え続けていくと、言われ続けた本人はその気になってしまうという効果のことを「ドルネシア効果」と言うんですね。

もちろん主人公は悪意を持って紀子をマインドコントロールしていたわけではなく、むしろ彼女の人生を善い方向へと導いたのですから善行と言えるのでしょうが、ここら辺は主人公に対して、読んでいて軽くムカつきましたね(笑)。

曾根を殺すために、完全計画を企てる秀一

秀一は母と妹を守る為に、曾根を完全計画で抹殺することを決意します。

秀一は完全計画の為に、警察に絶対にバレない方法の為に、法医学書を買ってきたり、怪しげなサイトから毒薬を通販で購入し、それを受け取る為の宅配ボックスを使ったりと、非常に綿密な計画を組み立てていきます。

ここら辺の描写の緻密さは貴志祐介ならではであり、まるで本当に完全犯罪が可能であるかもしれないと読書に思わせるには、十分の説得力です。

その後、計画通りに眠らせることに成功した秀一は曾根を電気ショックによる心室細動で殺害することに成功します。

内心冷や汗をかきながらも、警察との応対も上手くやりおおすことが出来、不安を抱きながらも、秀一は自分の計画が成功したのだと信じて、日常に戻ろうとします…

次々に狂っていく計画

秀一は自分の計画は何の問題もなく達成できたと思っていたのですが、実は計画実行の当日に、証拠隠滅を図っていた姿を、現在、不登校の親友であった、石岡 拓也に目撃されており、金を強請られてしまいます。

拓也は家庭内に問題を抱えており、秀一は彼の為を思って、得意のマインドコントロールにより、家庭内暴力を唆したのですが、結果的に彼はそのせいで家庭内でさらに浮いた存在となってしまっていたのです。

そのことを恨んでいた拓也は、秀一に対する復讐のつもりで強請ろうと近づいてくるのですが、秀一は口封じの為に、拓也も殺害することを決意します。そして秀一は自分が殺人に対する抵抗感が曾根を殺したときよりも、各段に低くなっていることに気づき愕然とします。

しかし拓也という想定外の存在によって、秀一の計画は次々に崩壊していき、どんどん警察に追い詰められていくことになります。

切ない、いささか唐突なラスト

最も切ない殺人者”というキャッチフレーズに違わず、本作のラストはかなり哀しいものであり、同時にいささか唐突すぎるとも感じました。

主人公の秀一が基本的に善良な人間であり、母や妹、紀子、そして友人たちが警察の取り調べに対して、嘘をついてでも彼を守ろうとする場面が、余計にラストの切なさを引き立てています。

それだけに、もう少し丁寧で、周囲に対するフォローがあるラストであって欲しかったと、読み終わって感じました。

総評

現実的で説得力のある犯罪計画、そしてそれが次々に崩壊していくある種のカタルシス、主人公の緊迫感溢れる心理描写、そして余韻の残す切ないラスト…

貴志祐介の筆力は、本作でも存分に発揮されていますので、興味のある方は是非一度、手に取ってみてはいかがでしょうか。

最新情報をチェックしよう!