>

Jim Ryan:発売を急いだタイトルよりも、延期してでも完成度を高めたタイトルを待つほうがずっといい

未分類
PlayStation logo

ゲーム業界においてゲームの発売日の延期とは決して珍しい話ではなく、最近になってGod of WarGrantu Rismo7の延期を発表したソニーもその例外ではありませんが、ソニーのJim Ryan氏は伝説的なゲームクリエイターである宮本茂氏の”ちゃぶ台返し”を例に出し、ゲームの完成度を高める為の発売日の延期は、納期を守る為に開発を急いだタイトルを発売することよりもずっと良いとインタビューで答えました。

開発を急いで平凡なゲームを発売するよりも、より優れた完成度のゲームを発売できるならば喜んで延期を行うべきですよ。プレイヤーとは素晴らしいゲームの思い出はずっと覚えているものなんです。もちろん、商品として世に送り出すために、我々は開発スタジオに対して納期を守るということを要求しますよ。でも記憶にも残らないタイトルを発売するよりも、記憶に残る素晴らしいタイトルを発売することの方がずっと良いことなんです。プレイヤーは記憶に残るゲームであればきっとそのタイトルの続編も購入しようと考えてくれるでしょうからね。 

Jim Ryan TMT Postのインタビューにて
Jim Ryan on Delays: Better to Wait for a Great Game Than Release a Rushed Product
PlayStation CEO Jim Ryan channels his Shigeru Miyamoto and opines that delaying games is a small sacrifice to make in order to ensure quality.

コメント

タイトルとURLをコピーしました