>

Far Cry6のディレクターがゲームの舞台となるYaraのモデルについて話す

未分類

Navid Khavara氏が本作の舞台である架空の島国Yaraについて話しました

far cry 6

Farcry6はシリーズ最高傑作となることをUBIは約束し、それは単純にマップサイズの大きさだけではなく、洗練された物語と舞台背景によるものだと説明されました。ディレクターであるNavid Khavara氏は本作で登場する架空の島国であるYaraは、キューバで実際に起こった政治的闘争から影響を受けてデザインされたことを話し、Twitter上に投稿された新たな本作のトレイラーについて詳細な説明を少しだけ話してくれました。

Yaraが影響を受けたキューバに関して付け加えると、Khavari氏はFarcry6の開発メンバーは実際にキューバに足を踏み入れて、可能な限り現実の空気感を実現させることを試みたようです。Yaraは外界と遮断されておりまるで”時が止まっている”ようであり、その孤立感はゲーム中でもよく表現されているようです。プレイヤーは最新の技術に頼るのではなく、骨董品を工夫して駆使することにより戦うことになります。ぜひトレイラーをチェックしてみましょう。

管理人のコメント

実際に足を踏み入れて現地調査をしているというならば、相当現実のキューバと似ているようですね。だからこそ”政治的”という声明についてあれほどしつこく出さざるを得なかったのでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました