>

任天堂:Switchはコンソールのライフサイクルを再定義する

未分類

任天堂アメリカ社長Doug Bowser氏曰く、継続的なコンテンツの供給によってSwitchは今まで以上にライフサイクルが長くなる

nintendo switch

任天堂のコンソール機のライフサイクルの寿命は通常5年か6年程度でしたが、どうやらNintendo Switchはそうではなさそうです。今のところ、Switchは世界全体で8450万台の売り上げを達成し、既にライフサイクルの5年目の期間に突入しましたが、勢いが衰える気配はありません。任天堂は以前にもNintendo Switchは過去の任天堂のコンソールよりもライフサイクルが長くなることを話していましたが、最近任天堂アメリカの社長であるDoug Bowser氏はThe Washington Postとのインタビューで、改めて同じことを言いました。

5年目のライフサイクルに突入し、Nintendo Switchはコンソールのライフサイクルを再定義します。そして谷間なく供給される強力なコンテンツによってライフサイクル全体を活気にあふれたものにすることができるのです。”と氏は一年前と同じことを言いました。

Nintendo Switchの据え置きと携帯を統合したデザインが力強いセールスを実現したことはもちろんですが、2019年に発売された携帯に特化したSwitch Lightの存在もまたセールスに寄与しました。しかしNintendo Switchの成功を語るうえで何よりも欠かすことが出来ない要素は、サードパーティとインディーズ、そしてファーストパーティである任天堂からの絶え間ない強力なキラーコンテンツの供給でしょう。

そして、Nintendo Switchのキラーコンテンツのストックはまだまだ終わってはいません。2021年には真女神転生Ⅴ、モンスターハンターストーリーズ2、Metroid DreadAdvance Wars 1+2: Re-Boot Campポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパールなどが予定されています。そして2022年には、 スプラトゥーン3、Project Triangle Strategy、ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド2などのタイトルが予定されています。

このラインアップに加えて、もし噂されているNintendo Switch Proが発表されれば、Switchのライフサイクルが大きく伸びることは容易に想像できるでしょう。

管理人のコメント

Switchのライフサイクルは今まで以上に伸びるということは、7年、8年といった期間も任天堂は想定しているのでしょうか?

Switch is “Redefining What a Console Life Cycle Can Look Like” – Nintendo
Nintendo of America president Doug Bowser talks about the prolonged life cycle of the Switch, and how it's being bolstered by a steady stream of content.

コメント

タイトルとURLをコピーしました