>

Ratchet and Clank: Rift Apart の一日目のアップデートでは60fpsとレイトレーシングモードが追加

未分類

Insomniacは去年のMarvel’s Spider-Man: Miles Moralesに即して、Ratchet and Clandkでもグラフィックモードが追加されることを明かした。

ratchet and clank rift apart

Ratchet and Clank: Rift Apartでは発売直後、少なくとも発売されてからその日以内に複数のグラフィックモードがアップデートで追加されることをInsomniacが明かしました。InsomniacがTwitter上に投稿したところによると、アップデートでは以前から発表されていた60fpsモードの追加だけではなく、去年のMarvel’s Spider-Man: Miles Moralesと同じ60fpsとレイトレーシングを合わせたモードの配信となるようです。

これは一体何を意味するのでしょうか。Insomniacは別のTweetでは、Rift Apartでは三つのモードが存在すること(パフォーマンス、パフォーマンスレイトレーシング、そしてクオリティで30fps後半になる)を明かしていました。Rift Apartでダイナミックな4Kとテンポラルアップスケーリング、わかりやすく言えばダイナミック4Kを用いる代わりにより低いパフォーマンで動作することになっていたのです。

Insomniacは最近のゲームで素晴らしいビジュアルのゲームを提供し続けていましたが、Rift Apartでも非常に素晴らしいクオリティを見せてくれそうです。これらのモードによって、より美しく自然なゲーム体験が出来そうです。

Ratchet and Clank: Rift Apartは6月11日にPS5独占で発売です。

Ratchet and Clank: Rift Apart – Day 1 Update Will Add 60 FPS, 60 FPS + Ray Tracing Modes
Insomniac confirms that the upcoming action platformer is going to offer graphics modes in line with last year's Marvel's Spider-Man: Miles Morales.


コメント

タイトルとURLをコピーしました