>

Guerrilla Games: 縦マルチはForibbidden Westのクオリティに悪影響は与えない

未分類

ゲームディレクターのMathijs de Jonge氏は縦マルチはゲームデザインの制約にならないとしています

horizon forbidden west

Horizon Forbbidden Westの縦マルチプラットフォームに対して多くの人々が不満の声を上げる中、Guerrilla GamesはPS4との縦マルチはゲームデザインに対して何の悪影響もなく、PS5のハードパワーの足を引っ張るなどということもないという説明をせざるを得なくなっているようです。

Hardware ZoneとのインタビューでMathijs de Jonge氏は縦マルチによってゲームデザインに制約がかかるなどということはないと話しています。

”縦マルチによってゲームデザインに悪影響があるなんて思いませんよ。我々が今作のコンセプトを練り始めたときに数多くの素晴らしいアイデアがあって、それらは全て最終的に実現できましたからね。重要な点は、我々はハードの性能による制約とかについて悩んだことなんてないし、我々はただユニークなゲームデザインをプレイヤーに届けたいだけなんですよ。我々はただ多くのイベントやクエストについてアイデアを出し合って、素晴らしい冒険をプレイヤーに体験してもらうことだけを考えていただけなんですよ。”

de Jonge氏はそれから、PS5版がPS4版に比べてビジュアルの強化やDualSenseの対応など、多くの点で優れていることについても触れました。

”この二つのコンソールには大きな性能の差があると思っています。3Dオーディオから速いロード時間、DualSenseそしてもちろんグラフィックに関することまで。PS5上で我々はグラフィックをより詳細に描くことができ、その証拠にAloyの顔の産毛まで表現できました。”

”多くの人はデモで気づいていないかもしれませんが、岩の上に生い茂る苔まで見ることが出来ます。PS5では、苔の一つ一つが表現されているんです。このハードはとてもパワフルで、グラフィックを隅々までイメージ通りに表現できるんです。私はPS5は最も性能の高いハードだと思っています。PS5はまた特定のライティングリグとしても使うことが出来、通常ライティングリグを使う際には映画製造技術が必要になるのですが、PS5はとてもパワフルなため、我々はいつでもライティングリグを使えるんです。ゲーム中ではその他にも多くのレンダリングやライティングが用いられており、これからその多くのことを確認することができるようになります。”

de Jong氏は最近でも、PS4版の開発は既に完了していることPS5版には60fpsモードが存在することを明かしています。

Horizon Forbidden West Dev Says Cross-Gen Development isn’t “Limiting in Any Way”
Game director Mathijs de Jonge says that having to develop the game for the PS4 hasn't limited the developer's vision in any way.

コメント

タイトルとURLをコピーしました