>

Horizon Forbidden Westのフリークライミングとマップの大きさなどの続報が明かされました

未分類

プレイヤーはForbidden Westにおける様々な環境を自在にフリークライミングが出来、マップのデザインに関しては”少し”大きくなっているが、それいじょうに密度に注目が必要

horizon forbidden west

最近に発表された最新の情報だけではまだまだ不十分であるかのように、Guerrilla GamesはState of Playの中でAloyが見せた自由自在に壁をよじ登って見せたフリークライミングシステムについて新たな情報について話しました。しかしながら、実際のところ元々、彼女はほとんど、どんな壁でも自在に登ることが出来ます。ゲームディレクターのMathijs de Jonge氏がIGNに語ったところによると、”移動と、人間との格闘戦という点はZero Dawnから、我々が改良したいと思っていたポイントなんです。そして今回のState of Playでは今作のAloyは世界のどこにでも行けることをお見せしようとしたんです。”

”我々は岩や壁、山壁に手動で掴まるようにしていました。しかしいずれかの段階で、我々は幾何学的に掴む場所があるとすればそこに注目すれば掴まることが出来るような自動システムへと変更しました。そして今では世界全体は、自然に自動でフリークライミングができる環境となったのです。プレイヤーは自由自在に世界を駆け回れます。”当然のことながら限界はあります。”作りこまれた世界の中では自由に移動ができますが、その外へと出ることは不可能です。オープンワールドの中なら自在に行動できます。”

彼はまた、注目システムだけが必ずしもクライミングを行うための方法であるとはしていません。”もしかしたらクライミングを行うには必ず注目システムを用いなくてはならないのかと考える人がいるかもしれませんが、もしそうだとしたらその人は間違えています。これはあくまでもプレイをよりよくする為の方法なのです。しかしともあれ、プレイヤーはクライムを行うのに何か特別なコマンドを用いる必要はありません。”

マップデザインに関して言うと、Foribidden Westは前作よりも巨大であるが、その大きさについての詳細は明かされませんでしたが、より密度の高いマップデザインとなっているようです。”マップは少し大きくなっていますが、劇的に大きくなったわけではありません。我々が本当にこだわりをもって制作に取り組んだのはマップの密度です。マップを移動するプレイヤーの為、よりマップの詳細にこだわって制作し、小さなストーリーも散りばめられています。”

新たな要素としての水中探索はゲームの重要なパーツです。ストーリーディレクターのBenjamin McCaw氏曰く、”探検がテーマなんです。水中をただ見せるだけではなく、現実の水中の世界の美しさを表現したかったんです。しかもただ水中の中を泳げるだけでは不十分であり、何か驚くべき興味深いことを実現したかったんです。我々スタッフは実際にそれを体験しましたし、プレイヤーにも体験してもらうことが待ちきれませんよ。”と言いました。

Horizon Forbidden Westは今年のホリデーシーズンの発売を目指して、PS4とPS5で開発中です。

Horizon Forbidden West – Free Climbing, World Size, and More Revealed


コメント

タイトルとURLをコピーしました