>

新たに分かったHorizon Forbidden Westの10のこと

未分類

Guerrilla Gamesは最近Horizon Forbidden Westについて10個もの新情報を明かした

10 New Things We Learned About Horizon Forbidden West

Guerrilla Gamesは最近、Horizon Forbidden Westの衝撃的なゲームプレイ映像を公開した。PS4で最も愛されたタイトルの続編は言うまでもなく、最高にエキサイティングなものであり、先日のゲームプレイ映像で我々はこのソフトの多くの新情報に触れることが出来た。これから公開された情報の中でも特に注目すべきポイントを紹介していこう。

ストーリーの詳細

horizon forbidden west

今までゲームのストーリーの詳細については少ししか触れられてこなかった、しかしGuerrillaはForbidden WestはZero Dawnの出来事の半年後が舞台であり、世界を少しずつ腐食させる光という脅威にAloyが直面するようである。彼女が光の正体を理解するにつれて、それが何を引き起こしているかのを突き止め、そしてそれを食い止めるため彼女は未知の領域へと足を踏み入れ、暴力的な部族や新たな機械生命体と対峙することになる。ゲームの大部分がサンフランシスコが舞台であることが分かっているが、Zero Dawnであちこちを歩き回ったように、Forbidden Westでもまた同じように歩き回ることになりそうだ。

レイダー

horizon forbidden west

新たな部族に関して、Tenakthという部族が登場するようだが彼らの全てが友好的なわけではなさそうだ。Aloyが”レイダー”と見なす、少数の武装グループは映像の中で印象的に描かれている。彼らは潤沢な装備と武器をもった獰猛な戦士であり、そしてもっと厄介なことに彼ら機械生命体を自在に乗りこなしているのだ。彼らがストーリーにどう関わってくるのか、注目が集まりそうだ。

Erend

ArtStation - Erend , Dan Calvert

Zero Dawnの登場人物がどれだれForbidden Westに帰ってくるかまだわからない(主人公であるもちろんAloyは別として)、しかしこのErendについてだけ再登場が確定している。覚えていない人の為に開設しておくと、ErendはZero Dawnのメインキャラクターであり、Oseram族の人間である。ゲームプレイ映像の断片に姿を見せており、彼はAloyによって、彼女に位置情報を教えてくれる重要な構築物(これはまだよくわからないが…)の修繕のためにサンフランシスコに送られたことがわかっている。ともあれ彼が本作においても健在であることは確かなようだ。

クライミング要素

horizon forbidden west

Forbidden Westのゲームプレイが見せた前作から目を見張る進化は移動方法であり、そのうちの一つが進化したクライミングだ。Zero Dawnにも基本的なクライミング要素は備わっていたが、Forbidden Westではそれがさらに洗礼されている。Aloyは環境にある様々な事物を注意深く観察し、まるでUnchartedやBreath of the wildのように自在に登ることができる、このクライミングがどれほどゲーム内で重要な要素となるか興味深いところです。

PULLCASTER

horizon forbidden west

同時に登場したPullacasterは移動をより効率的にしてくれる新たな道具である。それはちょうどフックショットのような装備である。Aloyはこれを環境の中にある壁や事物の取っ掛かりに発射することで自分自身を引っ張り上げることが出来る。これによって地面の裂け目や巨大な壁を素早く移動することができるようになる。戦闘と探索の両方をより奥深くしてくれそうである。

SHIELDWING

horizon forbidden west

皆さんはBreath of the Wild以来、オープンワールドゲームでこの様々な種類のハングライダーを見たことがあるでしょう。そしてForbidden Westもその仲間入りだ。Forbidden WestでこのShieldwingとして知られるホログラフィックのグライダーを使えば長い距離を滑空し、敵の上空から奇襲を仕掛けることができる。Pullcasterと組み合わせることでゲーム史上最もエキサイティングな要素になりそうである。先日のゲームプレイ映像では、Aloyが次々とクライミングやPullcaster、Shieldwingを活用するシーンが描かれており、他にも様々な場面でこの組み合わせは活躍するだろう。

水中

horizon forbidden west

Foribidden Westでは去年のトレイラーの時点で、水中探索ができることは明かされていた。そして先日のプレイ映像でその全貌が少し公開された。今作のAloyはダイバーマスクによって、好きなだけ水中で活動できることがわかった。水の流れに身を任せることによって執念深いマシーンから追跡を逃れることが出来そうだ。水中の世界がどれほど広大であるかは、これからの続報を待つ必要がありそうだ。

格闘戦

horizon forbidden west

格闘戦のメカニズムの貧弱さはZero Dawnにおける最大の欠点の一つであった、しかしForbidden Westではこの問題の解決が図られているようだ。Guerrilla Gamesは格闘戦についての詳細は何も明かしていないが、ゲームプレイ映像ではよりダイナミックで衝撃的な格闘戦を見ることが出来る。槍による戦闘は、格闘戦がこのゲームの重要な要素となっていることが伺える。

新たな装備と武器

horizon forbidden west

もちろんではあるが、Forbidden Westでは数多くの新装備や新兵器の存在があることは今まで紹介してきたとおりである。特筆すべき新兵器は粘着爆弾である。その名前の通り、粘着爆弾は隠れている敵に投げつけることで逃げ回ったとしても確実に強力な攻撃を加えることが出来る。その他にも敵の目をくらますスモークグレネード、強烈な衝撃を加えるランチャー、アーマーを剥がして弱点を剥き出しにできる新たな弓、などより沢山の新兵器が登場する。Guerrillaが言うにはこれらの兵器はアップグレードが可能であり、その新情報も近日公開予定であるとのことである。

新たな機械生命体

horizon forbidden west

もちろん、Horizonの世界を巨大に描かれている終末後の世界を闊歩する機械生命体はAloyにとって最大の脅威である。この機械生命体の新たな個体もForibbiden Westでは大量に登場する。先日に姿を見せた恐竜のようなClawstridersや水中に潜み姿を隠すBurrowersなどがそうである。State of Playではマンモスのような姿をしたTremortuskの姿も見ることが出来た。この怪物は環境を踏み荒らし、Aloyを追い詰める。この他にも、空を飛ぶ機械生命体の姿も確認できる。

10 New Things We Learned About Horizon Forbidden West

コメント

タイトルとURLをコピーしました