>

Resident EvilとDevil May Cryのプロデューサーがカプコンを退社し、Bungieに参加

未分類

Peter Fabiano氏はResident Evil7、2RE、Village、Devil May Cryのプロデューサーを務めてきた

resident evil village

Peter Fabiano氏は、日本の会社カプコンで13年間シニアプロデューサーとして務めてきましたが、遂に去る時が来たようです。彼はTwitter上でカプコンに対して感謝の意を示し、これからBungieにDestinyシリーズの生産部長として参加するとしました。

”今まで13年間の間、共に歩んできて本当に幸運でした。この経験は永遠に忘れません。”と彼はTwitter上でカプコンに対して感謝の意を示し、”今までサポートしてくれた全ての人々にも感謝します。私はこれからBungieの素晴らしい新たな仲間たちと共に、新たな旅路を歩みます。”としました。

Peter Fabiano氏はカプコンに13年間在籍しており、最近ではResident Evil7、2RE,VillageとResident Evilの開発に携わっており、それ以外にもDevil May Cry5やGhosts ‘n Goblins: Resurrectionの開発にも関わってきました。彼はまたResident Evil7の登場キャラクターであるPeter Walkenとして出演していました。

Resident Evil, Devil May Cry Producer Leaves Capcom, Joins Bungie


コメント

タイトルとURLをコピーしました